上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
071124.jpg


10月からスタートしたドラマも全て先週で最終話を迎え、
今週は年末スペシャル番組ばかりの放送です。

今シーズンのドラマの中で
自分的に一番のヒット作はやはり「医龍2」でした。
毎週見逃せないほど緊迫したストーリーの中に
涙あり感動有りで、何と言っても坂口憲二さんが格好良かった。

最終話の一つ前の回で、研修医の伊集院くんが
自分の才能について悩むシーンがありましたが
松平先生の励ましの言葉にジーーンとして胸が熱くなりました。

 「自分の限界を知っている。だから逆に
 自分に出来ることが見えてくるんじゃないの?
 (中略)
 自分に誠実であることは、お前にしか出来ない。
 お前は それをやってるよ。
 胸を張れ!」

同じバチスタ手術をテーマにした小説を
ネット上の師匠Kさんに紹介していただいて一ヶ月ほど前に読みました。
これもまた医龍とは違った面白さがあり読み応えがありました。
そして、この本が映画化されるということを
同じくネット上の師匠Fさんに教えていただいて
検索してみたところ、すでに来年の2月9日公開と決まっているようです。
スポンサーサイト
2007.12.26 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。