上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
お正月にDVDをレンタルして
『八日目の蝉』を見ました。

蝉は産まれて7日目に死んでしまうから
もし8日目も生きていられる蝉がいたら
それは幸せ?
ひとりぼっちで生き残っても幸せ?


わからないです。


エンディングで流れた
中島美嘉さんの曲が
今も頭の中に流れ続けています。





【ヒイラギナンテン】

ヒイラギナンテン


【ヒノキ】

ヒノキ




スポンサーサイト
2012.01.17 Top↑
後悔と闘いながら前へ進む。。。



CIMG0081.jpg

他人には、やたら厳しく
自分に甘い人って
すごく苦手です。






2011.08.17 Top↑
韓国の小説「カシコギ」が原作となったドラマ。

反町パパと羽雲くんが父子として
成長していく姿に毎回泣かされました。


『与えるだけでなく、受け取ることも愛である』

私的には良い最終話だったと思います。



「カシコギ」とは魚の名前で、
不思議な習性を持つ淡水魚だそうです。
メスが産み捨てた稚魚を、オスが必至に育て、
子が成長していくと、育てたオスは死んでしまうという
献身的な父性愛のかたまりのような魚なのだそうです。


CIMG1563.jpg



2011.07.02 Top↑
先日の日曜日は、レンタルショップで
何週間もレンタル中だった「悪人」が
1本だけ返却されていたので
速攻で借りて観ました(*^_^*)
妻夫木聡さんと深津絵里さんの熱演が
素晴らしく、見ごたえがありました。

結局、本当の「悪人」は誰なのか・・・
祐一は自分が悪人になることで
大切な人を守りたかったのかなぁ・・・


そして夜はJINの最終回2時間スペシャルを見ました。
いろいろな謎はパラレルワールド
ということで解明されましたね。
現代に戻った仁先生が、
咲さんの書いた手紙を読むシーンは
涙があふれました(T_T)
咲さん、ホント生きてて良かった~


CIMG1797.jpg


2011.06.29 Top↑
2009年本屋大賞に輝いた湊かなえさんの小説。
一年前に原作小説を読んで
ものすごい衝撃を受けたので
ぜひ映画を観たいと思っていたら
すでに公開が終わっていました(>_<)

レンタルDVDが出るのを
ずっと待っていたのですが、
なんだか凄い人気みたいで
いつレンタルショップに行っても
1本残らずレンタル中の札が・・・(^-^;
ようやく先週末レンタルできました~

あの衝撃的なストーリーを
どう映画で表現されるのだろうと期待していたら
とにかく松たか子さんの演技力が素晴らしかった。

そして松たか子さんの子供役って、
芦田愛菜ちゃんだったのですね。
愛菜ちゃんが、すでに一年も前から活躍していたなんて
驚きました。さすが天才子役ですね(^-^)v


CIMG0067.jpg



2011.06.16 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。